日本自然保護協会(NACS-J)が提供する、暮らしをワンランクアップさせる生物多様性の世界

しぜんもん

1~500円

6 件の商品がございます。

  • 【寄付アイテム】辺野古・大浦湾 生きものたちの物語

    米軍基地移設に伴う埋め立て問題で揺れる沖縄県名護市の辺野古・大浦湾。沖縄島中部の東海岸に位置する大浦湾は、世界の生物多様性のホットスポットのひとつとされる日本周辺海域の中でも極めて生物多様性の高い場所です。

    辺野古・大浦湾に暮らすさまざまな生きものたちの姿、そして埋め立ての問題点を紹介した会報『自然保護』の特集記事(2015年9・10月号)のPDF(全13ページ)をダウンロードいただけます。

    • 数 量
    500
  • 【寄付アイテム】津波を乗り越え誕生したイトヨ新集団

    津波と野生生物の関係は?
    津波を乗り越え誕生したイトヨ新集団

    東日本大震災での津波の影響を受けた岩手県大槌町のイトヨ集団には、津波後に驚くべき変化が起きていました。イトヨをはぐくむ湧水生態系を活かした復興まちづくりも始まっています。
    (文・写真:森 誠一 岐阜経済大学経済学部教授)

    • 数 量
    500
  • 【寄付アイテム】お雑煮の多様性と生物多様性

    お正月に日本各地で食べられているお雑煮は、実はとても多種多様です。もともとお雑煮は、年越しの夜「年神様」に供えた餅と地場の産物を、年明けにひとつの鍋で煮て食べたもの。家々に一年の実りと幸せをもたらす年神様とともに食べるお雑煮は、豊かな暮らしと自然の恵みへの祈りが込められた大切な行事食でした。各地のお雑煮を見てみると、日本人の暮らしを支えてきた多種多様な自然の恵み、「生物多様性」の姿が見えてきま

    • 数 量
    500
  • 【寄付アイテム】特集:日本の冬を観察する

    日本の自然の多様な姿はつくりだしている冬。今、日本のあちこちで「冬らしい冬」が失われつつあるといいます。「冬」が持つ、いろいろなパワーを再発見してみましょう。

    • 数 量
    500
  • 【寄付アイテム】今日からはじめる自然観察「ルーペでコケを見てみよう」

    今回は足元の小さな小さな植物、人気の「コケ」を紹介します。

    • 数 量
    500
  • 【寄付アイテム】今日からはじめる自然観察「鳴く虫の聞き分けは意識のチューニング」

    秋の夜に鳴く虫たちの声を聞き分けるコツ教えます。

    • 数 量
    500


TOP