日本自然保護協会(NACS-J)が提供する、暮らしをワンランクアップさせる生物多様性の世界

しぜんもん


UPDATE 2019/04/26

シンポジウム

市民公開講座「世界自然遺産登録に向けて~琉球列島の魚類の多様性と次世代への継承~」

開催日時 6/1(土)13:00~17:00
開催場所 沖縄県立博物館美術館(沖縄県那覇市)

主催:日本魚類学会

参加費:無料

事前申し込み不要

第一部 琉球列島の魚類群集の多様性と自然遺産登録への取り組み

講演1:
琉球列島の魚類群集の多様性と自然遺産登録への取り組み
東岡礼治(那覇自然環境事務所)
講演2:
奄美大島におけるリュウキュウアユの保全活動と希少魚類
米沢俊彦(鹿児島県環境技術協会)
講演3:
沖縄島の河川に住むハゼ類の多様性
前田 健(OIST)
講演4:
西表島における陸水性魚類の種多様性
鈴木寿之(大阪市立自然史博物館)
講演5:
西表島浦内川の絶滅危惧魚類調査と普及啓発の取り組み-伝えよう,守ろう,遺そう-
徳岡春美(西表島エコツーリズム協会)
講演6:
琉球列島の海産魚類の多様性
本村浩之(鹿児島大学総合研究博物館)
講演7:
沿岸水産資源を育むマングローブ林の重要性:世界自然遺産登録って誰のため?
馬場繁幸(国際マングローブ生態系協会)

第二部 総合討論 次世代への継承
司会:立原一憲(琉球大学)・鈴木寿之(大阪自然博)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP