日本自然保護協会(NACS-J)が提供する、暮らしをワンランクアップさせる生物多様性の世界

しぜんもん


UPDATE 2018/11/22

  • 日本自然保護協会主催

イヌワシと共に暮らせる林業を目指して ~南三陸から始まる新たな取り組み~

開催日時 10:00-12:00(9:30開場)
開催場所 南三陸町役場内 マチドマ(宮城県本吉郡南三陸町志津川沼田101)

絶滅が危惧される南三陸町のシンボルバード・イヌワシ。
その減少の要因のひとつは、私たちの心が山から離れてしまったことにありました。

親しい隣人であったはずのイヌワシを絶滅の危機から救うため、そして山と私たちとの親しい関係を再び取り戻すため、新たな取り組みが今まさに南三陸の林業の現場から始まろうとしています。イヌワシのふるさと南三陸の未来を一緒に考えてみませんか?ぜひご参加ください!


◆参加費:入場無料、申込不要
◆主催:南三陸ネイチャーセンター 友の会
◆共催:公益財団法人日本自然保護協会、東北森林管理局、南三陸町、南三陸ワシタカ研究会、南三陸森林管理協議会、株式会社佐久 (順不同)
◆問合せ:南三陸ネイチャーセンター友の会(TEL:0226-46-2037)

<スケジュール>

※ 開催内容は諸事情により変更となる場合がございますのでご了承下さい。

10:00 開会趣旨説明 登壇者:日本自然保護協会 出島誠一

10:10「イヌワシを取り巻く現状」
登壇者:南三陸ネイチャーセンター友の会 鈴木卓也

「南三陸地域イヌワシ生息環境再生プロジェクトについて」
登壇者:日本自然保護協会 出島誠一

「国有林における新たな取り組み」
登壇者:東北森林管理局 島内厚実

<11:10~11:15 休憩>

「町有林における新たな取り組み」
登壇者:南三陸町農林水産課

「民有林における新たな取り組み」
壇者:株式会社佐久 佐藤太一

11:45 質疑応答

11:55 挨拶
登壇者:南三陸森林組合長兼南三陸町森林管理協議会長 佐藤久一郎

12:00 閉会

<登壇者紹介>

株式会社佐久 佐藤太一
南三陸ネイチャーセンター友の会 鈴木卓也
日本自然保護協会 出島誠一
東北森林管理局 島内厚実


※ 本講演会は、2018パタゴニア環境助成金プログラムの助成を受けて実施しています。

20181208_minamisnariku_event

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP