日本自然保護協会(NACS-J)が提供する、暮らしをワンランクアップさせる生物多様性の世界

しぜんもん


UPDATE 2017/09/08

「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」第9回助成プログラム

開催日時 応募締切:10月23日(月)17時必着

○阪急阪神沿線に特化した市民団体助成プログラム
「阪急阪神沿線」で活動されている市民団体への助成。
○使途自由で運営資金にも利用可能な助成金
助成金の使途は自由で、既存事業・新規事業いずれの
運営資金にも利用可能。
○助成金額の異なる2部門から選択可能
支出規模や事務局スタッフ数に応じ、助成金額が50万円と
100万円の2部門を設定
○助成金の半額はグループ従業員の募金
従業員有志の募金による「阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」の
積立金に、当社が同額を上乗せして助成。
○広報PR協力
沿線情報紙や従業員向け広報誌等で団体の活動や
イベント情報を広報PR。

■募集分野
A「地域環境づくり」
地域コミュニティが、安全・安心かつ文化的で環境に配慮しながら
発展する、持続可能なまちづくり
B「次世代の育成」
未来の地域社会を担うこども達が、夢を持ち、健やかに成長する機会づくり

■募集部門 ※前回から増額しました!
「部門Ⅰ」(50万円を助成)
募集分野に関わる地域・社会の課題に取り組むすべての団体が対象。
支出規模は問いません。
「部門Ⅱ」(100万円を助成)
募集分野に関わる地域・社会の課題に取り組む団体で、年間支出額
500万円以上、かつ事務局スタッフ1名以上の団体を対象として想定。
*この部門では特に、これまでの活動の先駆性や市民団体ならではの
優れた事業モデルを持つかを重視して選考します。

■助成対象団体の要件
公益的な活動を行う非営利の市民団体(特定非営利活動法人、
社団法人、財団法人、任意団体など)で、
通常活動する主な地域が阪急阪神沿線の22市町であること。
※本年度より、社団法人、財団法人なども対象となりました!
※その他、活動実績や情報公開などに関して要件があります。
詳しくは「募集要項」「助成申請書」をご覧ください。

■助成期間
1年間(2018年4月1日~2019年3月31日)

■助成額・助成対象団体数
【部門Ⅰ】1団体あたり50万円、8団体程度
【部門Ⅱ】1団体あたり100万円、4団体程度

■応募締切
2017年10月23日(月)17時(助成事務局必着)
応募書類一式、正本1部を助成事務局(社会福祉法人大阪ボランティア協会)
まで、郵送または持参でご提出ください。

■応募説明会
応募にあたっての詳しいご説明をします。できるだけご参加ください。
参加ご希望の方は、必ず事前にお申込みの上、お越しください。
○日時:2017年10月4日(水)18時30分~19時30分(開場18時)
○会場:阪急電鉄本社ビル1F エコルテホール(大阪市北区芝田1-16-1)
○申込方法:以下のページよりお申し込みください。
http://www.osakavol.org/yumemachi_kikin/

■助成事務局(お問合せ・申請書類送付先):
社会福祉法人 大阪ボランティア協会 担当:椋木(むくのき)・永井
〒540-0012 大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F
市民活動スクエア「CANVAS谷町」
TEL 06-6809-4901 FAX 06-6809-4902
Email: office@osakavol.org
http://www.osakavol.org/

■主催者
阪急阪神ホールディングス株式会社
http://www.hankyu-hanshin.co.jp/yume-machi/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP