日本自然保護協会(NACS-J)が提供する、暮らしをワンランクアップさせる生物多様性の世界

しぜんもん


UPDATE 2016/12/28

  • 日本自然保護協会主催

シンポジウム

シンポジウム「島嶼生態系を守る~外来種問題から~(仮)」

開催日時 2月25日(土)12:30~17:00
開催場所 中央大学駿河台記念館670教室(東京都千代田区)

市民(NGO)、行政、専門家のそれぞれの立場から外来種対策の課題や問題点、成功事例や失敗事例などを出し合い、総合討論を通じて、効果的な外来種対策にとっての喫緊の課題を明確にし、解決のための方向性を共有します。

主催:NACS-J、WWF-J

問い合わせ:NACS-J保護室03-3553-4102 Eメール:umi@nacsj.or.jp ※スパムメール対策のため@を大文字にしています。小文字に修正して送信してください。
参加費:無料

定員:120名

プログラム
・基調講演:五箇公一氏(国立環境研究所)
・IUCNの勧告について 安部真理子(NACS-J)
・世界自然遺産小笠原での取り組み (環境省)
・地域での外来種問題1 佐々木健志氏(琉球大)
・地域での外来種問題2 権田雅之氏(WWF-J)
・パネルディスカッション:コーディネーター 草刈秀紀氏(WWF-J)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP